築10年経過した我が家の「火災警報器」を交換

家のメンテナンス
DSC_0779
家のメンテナンス

 火災警報器は、「設置後10年目安に取り換え」が推奨されています。 築10年の我が家ですが、どこにどんな火災警報器が把握するところから始め、一部交換しました。 皆さんの家の火災報知器をメンテナンスする参考にしてください。

スポンサーリンク

火災報知器とは

 住宅火災による犠牲者を減らすために、全国一律に住宅用火災警報器の設置が義務づけられています。新築においては平成18年6月から設置を義務付けられました。

 メーカーは内蔵しているため電子部品や電池寿命が10年であることから10年ごとの機器交換を推奨しています。 

 住宅用火災警報器を設置する部屋は、全国共通で、寝室および寝室がある階の階段には、煙式を設置しなくてはなりません。東京都は加えて台所も煙式 又は 熱式を設置しなければなりません。なお、浴室、トイレ、洗面所、納戸などは義務化の対象外です。

煙式煙を感知するもの差動式スポット型感知器
定温式スポット型感知器
熱式熱を感知するもの光電式スポット型感知器
光電式分離型感知器
感知器の種類

我が家の火災報知器

設置場所と台数

 火災警報器についてほとんど認識がありませんでしたが、我が家の火災警報器の設置状況を確認しました。

 天井に設置されており気にしてませんでしたが、7個も設置されていました。 当然ですが、法令で設置義務があるところはすべて設置されていました。

設置階設置場所合計メーカー型式
2階寝室×4部屋
階段
5個マックス株式会社光電式
自動試験機能付
1階リビングダイニング
和室
2個同上同上

試験・テスト機能

 機器はすべて自動試験機能付きでした。 感知部の感度や作動状態を常時自動チェックし異常があれば音声と光で知らせてくれる機能付きです。

 また、「警報停止/テスト」ボタンがあり、押してみると「火事です、火事です、ウ~ウ~」とけたましい音とともにランプが光りました。10年住んで初めて知った機能です。

旧品の火災警報器

火災報知器の交換

交換対象

 「設置後10年目安に取り換え」が推奨されていますが、とりあえず1階の2個だけ先行して交換しました。

  • 電池だけ交換しようと思ったが、互換性のある電池がどれか不明
  • 7個すべて交換すると高額になる
  • 1階はキッチンもあり火災が発生するリスクが一番高いので念の為交換
  • そもそも煙草も吸わず、火の気の無い2階に5個も火災警報器が必要なのか、疑問が湧いた

交換する機器の選定

 1階の火災報知器2個交換に際しては、ちょっと工夫してみました。

  • 和室は天井が杉なので、杉の色になじむよう、白からブラウンへ変更
  • 検知の多様性を図るため、キッチンダイニング設置分を煙式から熱式へ変更(東京都では台所に煙式 又は 熱式のどちらかの設置義務)
煙式、、和室に設置
熱式、リビングダイニングに設置

交換作業

 本体を回し取り外し、取付ベースと天井をくっ付けているネジを外せば撤去完了。

 新しい火災警報器の取付ベース穴と既存の穴を確認します。 リビングダイニングは、同じネジ穴が使えましたが、和室は1か所流用、1か所は新規で穴をあけました。

 取付ベースをネジで固定し、本体を回し取り付け。 意外と簡単でした。

取付ベース(新品)の設置状態
リビングダイニング、交換後
和室、交換後

おわりに

 2階の5基は、当分は現状維持を考えています。 電池の寿命が来ると「電池切れです」と言って知らせてくれるので、その際は、応急処置として1階の旧品電池と交換しようと思います。

管理人
坪があ

関東圏在住、50代男性です。 10年前に家を買ってのを契機に野菜ごみのたい肥化し、花や野菜を育てはじめました。 今の目標は、野菜ごみ堆肥を使い坪庭で育ては食材だけで、夕食の一品を作ることです。 第二種電気工事士、土壌医検定3級を勉強中。

坪があをフォローする
スポンサーリンク
坪があをフォローする
坪があno『野菜ごみで坪庭ガーデニング』

コメント

タイトルとURLをコピーしました