壁紙・クロスの補修

クロスの剥がれ 家のメンテナンス
DSC_0054
家のメンテナンス

 家の壁紙も、年月とともに剥がれや汚れが目に付くようになってきます。 ちょっとした剥がれなら、自前ですぐ補修できます。 私が行った補修を参考まで紹介します。

クロスとは

 クロスと壁紙は同じ意味です。クロスは英語で「布」を指し、「ビニールクロス」とよく言われる壁紙の「ビニール」がとれた呼び名だということです。

 クロスには色々種類があり、ビニールクロス、紙クロス、織物クロスがあります。一番安価で普及しているのがビニールクロスで、当然我が家でも採用しています。

目に付くようになってきた、クロスの剥がれ・汚れ

 築10年が経過し、普段の生活で目に付くようになった剥がれ・汚れはこの3か所。

設置場所状況
廊下天井継ぎ目の剥がれ
階段天井継ぎ目に黒い空白
玄関下駄箱と壁の継ぎ目に汚れ
クロスの剥がれ・汚れ一覧
剥がれ・汚れは赤丸3か所

〔廊下天井〕継ぎ目の剥がれの補修

補修前

 天井クロスの継ぎ目で接着力が時とともに弱くなり、一部垂れ下がってしまいました。

クロスの剥がれ
クロス剥がれ補修前

補修後

 「クロスのはがれ補修セット」で補修。 剥がれたところにのりを注入し、その後ローラーで押さえつけました。 修理した2週間後、補修したあとが全くわかりません。

クロス剥がれ補修セット
クロス剥がれ補修セット
クロス剥がれ補修後
クロス剥がれ補修後(修理した2週間後)

〔階段天井〕継ぎ目の黒い空白の補修

補修前

 クロスの継ぎ目にあたる箇所に黒い空白地帯が現れたので補修しました。

クロス継ぎ目補修前

補修後

「クロスの穴うめ材」で補修。 この穴うめ材は、画びょうで刺した後の穴埋めにも問題なく使えました。 修理した2週間後、補修したあとは、凝視しないとわかりません。

クロス継ぎ目補修後(修理した2週間後)

〔玄関〕下駄箱と壁の継ぎ目に汚れを綺麗に

補修前

 壁クロス(写真 上)と下駄箱の板(写真 下)の間が汚れています。今までは黄色のテープで目隠ししていましたが、黄色いテープは汚れは隠せても、それ自体が目立ってます。

補修後

 無印良品で見つけたマスキングテープを貼りました。 このマスキングテープは透過性がありますが、2重3重と重ねて張ると背後の汚れも見えづらく、周囲の白色となじんで汚れが目立ちません。

白いマスキングテープ貼り付け
白いマスキングテープ貼り付け(拡大)

おわりに

 目についた3か所補修しました。 手間も時間もほとんどかかりませんでした。 今後も歳月とともに、剥がれ・黒い空白などが目に付けば、その都度、補修し綺麗な内装を保ちたいと思います。

 築10年を過ぎた家のメンテナンスをまとめましたので、良かったら参考にして、計画的な補修をしてください。


住まいの知恵袋ランキング
管理人
坪があ

関東圏在住、50代男性です。 10年前に家を買ってのを契機に野菜ごみのたい肥化し、花や野菜を育てはじめました。 シェア畑を借りて野菜の育て方を勉強中。 目標は、野菜ごみ堆肥を使い坪庭で育ては食材だけで、夕食の一品を作ることです。 土壌医検定3級を勉強中。

坪があをフォローする
坪があをフォローする
生ゴミ堆肥を使う坪庭菜園ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました