畑に「べたがけ」した不織布を外したら葉っぱが・・・!

坪庭ガーデニング
坪庭ガーデニング

 皆さんこんにちは、毎週生ごみを埋めている坪があです。 庭の畑で防寒対策として使っていた不織布は、防虫?防鳥?対策に威力を発揮して様です。 外した1週間後には、葉っぱが食われ放題に!!  

PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク

不織布シートの効果

不織布を「べたがけ」している状況

 「あぶらな」「チンゲン菜」「ブロッコリー」を防寒対策として、プラスチックカバーと不織布で覆って冬の間育てていました。

2月19日 不織布を外す前

不織布を外した状況

 だいぶ暖かくなり、生育の障害になりそうなので、不織布を外しました。 防寒用プラスチックカバーは、まだ小さいチンゲン菜に被せました。

2月19日 不織布を外した後

 不織布を外して1週間後・・・・

 左端から「あぶらなの葉」「チンゲン菜」「ブロッコリー」の3種類とも、背丈は伸びたが、葉っぱは食べられ、明らかに無くなっている!!! 最近気のせいか、スズメの鳴く声が気になり始めました。 犯人はスズメか??

2月26日 不織布を外し1週間後

 

 不織布と不織布の継ぎ目でも、虫?鳥?に食べられ、右端のチンゲン菜は、左二つの不織布におおわれているチンゲン菜と比べ明らかに葉っぱの量が少なくなっています。 犯人は不織布に邪魔されない箇所を狙ってます。

2月26日 不織布の継ぎ目のチンゲン菜(右端)

再び不織布でべたがけ

 これ以上、葉っぱを食べられると、私の食べるところが無くなってしまう! ということで、再び不織布をゆったりとべたがけしました。 防虫?防鳥?対策として十分機能を果たしてくれるか、来週確認します。

2月26日 不織布を再びかけた状態

菜園のおススメグッズ

 広い菜園では小さく物足りませんが、一坪菜園で冬の野菜作りを楽しむなら、防寒用プラスチックカバーおススメです。 カバーの中では育ちが良いです。 私は近所のホームセンターで買いました。 

育苗

 2週間前に種蒔きをしたブロッコリーの芽がやっとでました。 寒いせいか、育ちが遅いです。 プラスチックカバーで覆っているので、防虫、防鳥対策はバッチリです。 

2月19日の状態
2月26日の状態

収穫と料理

収穫した野菜

 あぶらなの葉は、葉の色が白くなっている箇所があったので、根から収穫。 チンゲン菜は間引きを兼ねて一部収穫。 生ゴミ用の穴を掘っていたら、小さなジャガイモが出現! 我が庭で育ってくれたので「ちびちゃん」ですが、収穫してあげました。

収穫野菜を使った料理

 ふるさと納税で頂いた牡蠣を使って炊き込みご飯。 収穫した野菜は、オイスターソースで炒めもの。 美味しく頂きました。

【お品書き】

・牡蠣の炊き込みご飯(ふるさと納税)

・手羽先の塩焼き、彩にパセリ(収穫野菜)

・菜の花の葉・小松菜・チビジャガイモ(収穫野菜)とハムのオイスターソース炒め

・微アルコールビール

庭の畑に生ゴミを埋め、堆肥化

生ゴミを埋めた場所・重量

  キッチンで1週間溜めた、2月19日は1.5kg(2.2-0.7)、2月26日は1.9kg(2.6-0.7) の 生ごみ を埋めました。 キャベツの外皮などの「野菜の皮」と「ドリップコーヒー・麦茶パック」などです。

赤色★印:2月19日に埋めた場所、オレンジ色♡印:2月26日に埋めた場所
2月19日分
2月26日分

庭の畑に生ゴミを埋めた状況

 畑の隅に穴を掘って生ゴミを入れました。 19日と26日は別々の場所です。 生ゴミの間に入り込ませるようにスコップで差しながら土を被せました。

穴を掘って生ゴミを入れた状態(2月19日)
穴を掘って生ゴミを入れた状態(2月26日)

 基本、生ゴミは庭に埋めるだけです。私が実践している「生ゴミ を土に埋めて堆肥化」する方法は、ブログにまとめていますので、興味のある方はご覧ください。

 

おわりに

ランキングの参加

本ブログ記事を、最後までご覧いただきありがとうございます。

2つのランキングに参加してます!
下のバナーをポチッと応援よろしくお願いします☆

管理人
坪があ

関東圏在住、50代男性です。 10年前に家を買ってのを契機に野菜ごみのたい肥化し、花や野菜を育てはじめました。 今の目標は、野菜ごみ堆肥を使い坪庭で育ては食材だけで、夕食の一品を作ることです。 第二種電気工事士、土壌医検定3級を勉強中。

坪があをフォローする
スポンサーリンク
坪があをフォローする
坪があno『野菜ごみで坪庭ガーデニング』

コメント

タイトルとURLをコピーしました