【初心者向け】 庭で栽培すべきお薦め野菜ベスト5 

一坪菜園の状況
一坪菜園の状況坪庭ガーデニング

 家庭菜園をこれから始めてみようと思っている方向けに、自宅の庭で栽培すべきお薦めの野菜を纏めました。 自分で育てるからには、収穫した野菜を家族や友人とともに食べたいですよね。 簡単に育て、収穫を楽しめ、料理に使いやすい野菜をピックアップしました。  

 

初心者が庭で栽培すべき野菜の条件

 野菜作りが楽しいと感じることが一番。 初心者が楽しく自宅の庭で栽培できる野菜について、考慮すべきは以下の3点だと思います。

育てやすい野菜

 栽培した野菜を食べるのが、野菜作りのゴールです。 芽がでない、虫に食われる、鳥に食われる、上手く成長しない等々、収穫までたどり着けない要因がありますが、ゴールまでの関門が少ない野菜がおススメです。 

収穫期間の長さ

 庭はスペースの関係で多くの株を育てられないので、大根やニンジンなどの一品は1回の収穫で終了です。 キュウリやトマトなど一株から多数を収穫できる野菜が、一定期間収穫が楽しめおススメです。

料理に使いやすい野菜

 青しそなどの薬味系野菜であれば、欲しいと思った時にすぐ収穫し、料理に使えます。 またミニトマトなどは、収穫して冷蔵庫に入れておけば、サラダの彩にいつでも使えます。

初心者が庭で栽培すべき野菜ベスト5

 3つの条件を指標に、初心者が庭で栽培すべき野菜ベスト5を独断で考えましたのでご紹介します。

第1位 ミニトマト

 ミニトマトは家庭菜園の定番野菜です。 赤色、黄色、オレンジ色など様々な種類があり、糖度も異なります。 スーパーで売っていない色んな種類を食べる楽しみもあります。

  • 苗を植えれば育ちますが、枝が成長するので支柱を用意する必要があります
  • 初夏から秋口まで収穫を楽しめます
  • サラダや付け合わせに使えます。おやつとして、そのままでも食べれます。

育てやすさ  :4.0
収穫期間の長さ:3.0
料理しやすさ :5.0
総合得点:13点

第2位 きゅうり

 キュウリも家庭菜園の定番野菜です。 育ち過ぎると不味くなりますが、庭で毎日チェックすれば、丁度良い大きさで収穫できます。

  • 苗を植えれば育ちますが、蔓が巻きつく支柱を用意する必要があります
  • 初夏から秋口まで収穫を楽しめます
  • サラダや漬物、ちくわに差しておつまみなど幅広く料理に使えます

育てやすさ  :4.0
収穫期間の長さ:3.0
料理しやすさ :4.5
総合得点:12.5点

第3位 青しそ(大葉)

 日本の薬味に代表選手、蕎麦や刺身の薬味や、肉に巻いても美味しく頂けます。 ただ、風味や柔らかさが、スーパーで売っているレベルのものはなかなか収穫できません。

  • 苗を植えれば、放っておいても育ちます
  • 初夏から秋口まで収穫を楽しめます。
  • 彩や薬味など幅広い料理に使えます

育てやすさ  :5.0
収穫期間の長さ:4.0
料理しやすさ :3.0
総合得点:12点

第4位 パセリ

 自宅の庭に植えておいて、重宝する野菜です。 肉料理の彩・薬味として思い立ったら収穫してすぐ使えます。 2年草で寿命が長いです。 

  • 苗を植えれば育ちます。 花が咲かないように摘心だけすれば、ほぼ放置でOK
  • 冬場は成長が遅いのですが、1年中収穫が可能
  • 付け合わせに使えます。

育てやすさ  :5.0
収穫期間の長さ:5.0
料理しやすさ :1.5
総合得点:11.5点

第5位 茎ブロッコリー

 花蕾が次々と収穫でき、料理すると美味しくいただけてお薦め野菜です。 ただ、初心者にはちょっとだけ栽培が難しいと思います。 

  • 苗を植えれば育ちます。 花蕾を食すので、葉につく虫は無視するか、駆除するか。
  • 花蕾は収穫しても、次々育ってきます。冬場から春先に収穫が可能です。
  • 炒めたり、蒸したりして料理します。柔らかくて美味しいです。

育てやすさ  :3.0
収穫期間の長さ:4.0
料理しやすさ :4.0
総合得点:11点

栽培に不可欠な土づくりについて

 美味しい野菜にするためには、土づくりが重要です。 私が庭で実践している「生ゴミ堆肥化」とシェア畑で習っている「有機肥料」について紹介します。

庭の畑に生ゴミを埋めて堆肥化

2.穴に生ごみを入れる

 キッチンからでる生ゴミを庭の畑に穴を掘って埋めています。 埋めるだけですが、微生物や土壌生物の働きで、2週間~2か月程度で土に還ります。 経験則ですが、野菜の生育もよく、追肥としても有効です。 米ぬかと一緒に埋めると早く土に還りますが、発熱し根を痛めるため、注意が必要です。

有機肥料を撒く

 油かす、鶏ふんや牛ふんなど有機肥料は有効ですが、使い方が難しいです。 野菜により必要な肥料量が違い、発酵済・未発酵と肥料により土に入れてなじませる時間が異なります。

 シェア畑では、野菜毎の有機肥料の量や入れる時期を教えてくれます。

おわりに

 家庭菜園初心者には、紹介した「キュウリ」「ミニトマト」「大葉」「パセリ」「茎ブロッコリー」が育てやすく、庭で育てるのにはお勧めです。 料理して食卓に何度も出して話の種にできます。興味のある方は苗を買って一度作ってみてください。 手を掛けなくても収穫できますよ。

野菜作りを学ぶには

 初心者の方が、野菜作りを学びたい場合は、シェア畑を借りるのがお薦め。 1年間の栽培スケジュールが組まれており、種、苗と栽培方法の講習会がセットで提供され、教わりながら自分で栽培できます。

管理人
坪があ

関東圏在住、50代男性です。 10年前に家を買ってのを契機に野菜ごみのたい肥化し、花や野菜を育てはじめました。 シェア畑を借りて野菜の育て方を勉強中。 目標は、野菜ごみ堆肥を使い坪庭で育ては食材だけで、夕食の一品を作ることです。 土壌医検定3級を勉強中。

坪があをフォローする
坪があをフォローする
生ゴミ堆肥を使う坪庭菜園

コメント

タイトルとURLをコピーしました