〔家庭菜園〕防鳥対策で不織布をべたがけ

坪庭ガーデニング
坪庭ガーデニング

 こんにちは、毎週生ごみを埋めている[坪があ]です。 無防備なブロッコリーの苗の葉が、少なくなりました。 鳥に食べられたためだと思われます。 花を咲かせたチンゲン菜は、派手に鳥に食べられいます。 防鳥対策として、不織布をべたがけしました。  

スポンサーリンク

鳥に食われたブロッコリーの苗

 マルチを張って、ブロッコリーの苗を移植して1週間。 写真上部にある苗は、不織布をべたがけしていた効果で、鳥に食われず順調に大きくなっています。 一方、写真下部にある苗は、当初何も掛けなかったため、鳥に食べられ葉が小さいです。 

 鳥に食べられたブロッコリーの苗です。 茎の先端にあるはずの葉が、食べられてありません。

 防鳥対策で、不織布をべたがけにしています。 苗を布で押す形で、成長に影響がでないか心配ですが、鳥に食べらたくないので、試しています。

鳥に食われたチンゲン菜

 花を咲かせたチンゲン菜は、人間にとっては不味くて食べれないので、鳥に食べてもらいました。

 5日間放置しただけで、葉を大量消費! これに満足してブロッコリーの苗には手を出さないでほしい。。。。

3月21日の状態、そこそこ鳥にたべられたチンゲン菜
3月26日の状態、派手に鳥にたべられたチンゲン菜
食べられたチンゲン菜の拡大写真

庭の畑に生ゴミを埋め、堆肥化

生ゴミを埋めた場所・重量

  今週もキッチンで1週間溜めた、3月26日は3.1kg(3.8-0.7)の 生ごみ を埋めました。 キャベツの外皮などの「野菜の皮」と「ドリップコーヒー・麦茶パック」などです。

黄色★印:埋めた場所

庭の畑に生ゴミを埋めた状況

 4月にトマトやキュウリを植える予定で、土づくりのため穴を掘って埋めました。 深さは約30cmで、底に土に還りにくい伐採した枝を入れ、その上から、チンゲン菜残渣や生ごみを投入。 土を被せました。

穴を掘った状態
穴の深さは約30cm
底に枝を入れ、その上から生ゴミ投入した状態

 基本、生ゴミは庭に埋めるだけです。私が実践している「生ゴミ を土に埋めて堆肥化」する方法は、ブログにまとめていますので、興味のある方はご覧ください。

おわりに

晩酌はノンアルビールで

 農作業後の晩酌は、ドイツ製のノンアルコールビールがおススメです。 ビールそのものの味が楽しめ、酔わずに、安くて、添加物なしで健康的です。

ランキングの参加

本ブログ記事を、最後までご覧いただきありがとうございます。

2つのランキングに参加してます!
下のバナーをポチッと応援よろしくお願いします☆

管理人
坪があ

関東圏在住、50代男性です。 10年前に家を買ってのを契機に野菜ごみのたい肥化し、花や野菜を育てはじめました。 今の目標は、野菜ごみ堆肥を使い坪庭で育ては食材だけで、夕食の一品を作ることです。 第二種電気工事士、土壌医検定3級を勉強中。

坪があをフォローする
スポンサーリンク
坪があをフォローする
坪があno『野菜ごみで坪庭ガーデニング』

コメント

タイトルとURLをコピーしました