青しそ(大葉)の香りは、「こぼれ種」より新たに植えた方が断然いい!

坪庭ガーデニング
坪庭ガーデニング

 青しそ(大葉)はとても生命力がつよく、前年育てたこぼれ種から、勝手に発芽し、成長します。 新たに植えたものと見た目は一緒ですが、風味が違います! 食卓を彩るだけでなく、薬味として香りも楽しむつもりであれば、毎年新しく植えることをおススメします。

スポンサーリンク

「こぼれ種」と「購入した苗」の青しそ(大葉)の比較

 こぼれ種から勝手に生長した青しそと、苗を購入して移植し育てている青しそを、畑の隅の同じ場所に移植し育てています。

左は苗を購入した青しそ、右はこぼれ種から育った青しそ

 葉を一枚づつ収穫して比較したところ、見た目は両方とも「青しそ」ですが、こぼれ種から成長した青しそは、香りが少ないうえ悪い意味で「生命力を感じる」香りがしました。

左はこぼれ種から育った青しそ、右は苗を購入した青しそ
坪があ
坪があ

二つの青しそ、違いわかる?

よめ
よめ

大きい方(こぼれ種)は、

生命力が強い変な香りがする

青しそは交雑して、徐々に香りの質を落とす

 ネットで調べてみても、こぼれ種の青シソは、徐々に香りの質が落ちていくようです。

 シソは春に種を蒔いて適宜収穫して、秋に花が咲いて種を着け、冬前に寒さで枯れる「春撒き一年草」として扱うのが一般的だそうです。 自然な交雑によるこぼれダネが翌年よく発芽するが、香りのよい葉を収穫するためには毎年新しい種を蒔き直すのが賢明だ。 

青シソだけを植えていても、数年のうちには徐々に香りの質が落ちていくといわれます。

シソは交雑しやすく、青シソと赤シソはお互いに交雑し、エゴマとも交雑します。一度雑種化したシソはもう元の青シソ赤シソに戻ることはなく、なんだかわからないシソっぽいものが毎年大発生することになります。

青しそのこぼれ種の凄まじい生命力

〔今年〕ポットから主役を押しのけ発芽

 ポットにパセリや朝顔の種を植え、育苗を計画していましたが、期待していない青しそだけが発芽しました。 こぼれ種は凄まじい生命力です。

左列:パセリの種、右列:朝顔の種
パセリの種を播いたポット
朝顔の種を播いたポット

 鉢に花を植えていましたが、冬の花が枯れた代わりに、こぼれ種から青しそが発芽し成長しています。

花を植えていた鉢

 一方、青しその種を播いても発芽しませんでした。 こぼれ種は勝手に生長するが、種蒔きは難しい😭

〔昨年〕坪庭の至るところに青シソが発芽

 数年前に育てた青しそのこぼれ種が、色々な場所から発芽しました。 青しその種を含む野菜残渣や枯れた花を、生ゴミと一緒に庭のあちこち(②~⑤)に埋め、鉢(①)にもその土を入れたのが原因です。

青シソの発芽箇所①~⑤
① 青シソ発芽
② 青シソ発芽
③ 青シソ発芽
④ 青シソ発芽
⑤ 青シソ発芽

 なお、庭のあちこちに穴をほって生ゴミや野菜残渣を埋めている理由はコチラ↓を参照ください。

おわりに

本ブログも最後までご覧いただきありがとうございます。

2つのランキングに参加してます!
下のバナーをポチッと応援よろしくお願いします☆

管理人
坪があ

関東圏在住、50代男性です。 10年前に家を買ってのを契機に野菜ごみのたい肥化し、花や野菜を育てはじめました。 今の目標は、野菜ごみ堆肥を使い坪庭で育ては食材だけで、夕食の一品を作ることです。 第二種電気工事士、土壌医検定3級を勉強中。

坪があをフォローする
スポンサーリンク
坪があをフォローする
坪があno『野菜ごみで坪庭ガーデニング』

コメント

タイトルとURLをコピーしました