〔家庭菜園ブログ〕庭に作った畑一坪の土作り・畝作り

坪庭ガーデニング
坪庭ガーデニング

 庭に一坪場所を確保して、畝を2本設置しました。 畝設置に先立ち、穴を掘り堆肥となる生ゴミ等を入れ土作りしたので、その状況をご紹介します。 「畝作り」は初めてですが、生ゴミを土に埋める堆肥化は10年以上続けており、この方法で十分な有機物を含んだ良い土になると思います。

 生ゴミを土に埋めて、堆肥化する方法は、 コチラ↓ にまとめていますよ。

土作り

 畝の真下は根が張れるように、穴を掘り土を柔らかくするとともに、堆肥の基となる生ゴミ、伐採木や剪定した葉を入れます。

畝設置前の状況

 以前は、平坦な場所に野菜を植え育てていました。

穴掘り

 畝2本の設置予定地の真下に、深さ20~30cmの穴を掘りました。 野菜の根が張る深さまで、土を柔らかくするとともに、生ゴミ等を入れ堆肥化させるためです。

穴を掘った状態
穴の深さ20~30cm

堆肥材料の投入

 穴に堆肥の基となる生ゴミ、伐採木や剪定した葉を入れました。

(南側畝予定地)穴に生ゴミ、伐採木や剪定した葉を入れた状態
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 220312-112133_R-800x615.jpg
(北側畝予定地)穴に生ゴミ、伐採木や剪定した葉を入れた状態

 生ゴミ等の上から、堆肥化を促進させるため米ぬかをまぶし、土を戻しました。

米ぬかをまぶした状態

畝作り

畝の位置決め

 畝を設置する場所は建物に接しており、時間帯によっては建物の影になり野菜の育成に影響します。 畝がなるべく日当になるよう設置場所を決め、畝の両端に支柱を仮置きしました。 南側(写真上側)幅25cm、北側(写真下側)幅20cmです。 

  • 写真右下は、午後建物の影に隠れるので、畝を斜めに
  • 写真下側は、ベランダの真下で日が当たりにくいので、畝の幅を細く

畝作り 

 仮置きした支柱の外側にある土を、支柱間に移動し畝を作りました。 

 仮置きした支柱を外し、上から100均で購入したビニールマルチシートを被せました。

 野菜を植える箇所のビニールを円形に剥ぎました。 南側(写真上側)は畝の幅が25cmでなんとか2列、北側(写真下側)は幅20cmなので一列です。 通路部には、靴に土が付かないよう芝生マットを置きました。

畝に苗植え

 年間計画に沿って、育苗していたブロッコリーと、ニンジンの種を播きました。 苗を植えてみると、立派な野菜が収穫できる一端の畝に見えます😊

  • 南側(写真上側)〔上段〕・・・ブロッコリーの苗
  • 南側(写真上側)〔下段〕・・・人参の種
  • 北側(写真下側)・・・・・・・ブロッコリーの苗と人参の種を交互

 今年の初めに検討した年間栽培計画は コチラ↓

畝の使用状況

 畝に移植したブロッコリーが順調に育っています。 意図して播いた種の発芽か、埋めた生ごみからの発芽か、混乱した時もありましたが、マルチシートを張ったおかげで余計な芽が無くなり助かっています。 

5月初旬の育成状況

おわりに

狭い庭に畑を作るレイアウト

 狭い庭に畑を作るため、区切り方やレイアウトの工夫は コチラ↓ にまとめています。 良かったら参考にしてください。

ランキングの参加

本ブログ記事を、最後までご覧いただきありがとうございます。 2つのランキングに参加してます!
下のバナーをポチッと応援よろしくお願いします☆

管理人
坪があ

関東圏在住、50代男性です。 10年前に家を買ってのを契機に野菜ごみのたい肥化し、花や野菜を育てはじめました。 シェア畑を借りて野菜の育て方を勉強中。 目標は、野菜ごみ堆肥を使い坪庭で育ては食材だけで、夕食の一品を作ることです。 土壌医検定3級を勉強中。

坪があをフォローする
坪があをフォローする
生ゴミ堆肥を使う坪庭菜園ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました