レンガ置くだけ失敗なし!庭で家庭菜園の初め方

坪庭ガーデニング
坪庭ガーデニング栽培記録・実録

 「狭い庭で畑を作るの難しそう」「高い費用払って業者に頼むのは気が引ける」 そんな思いの人にピッタリな私が作った坪庭の畑を紹介します。 畑の境界となる土留はレンガを置くだけ、接着しない方法です。 格安・簡単なので、野菜作りを始めたいと思っている方が気軽に試せる方法です。

 

庭に畑(花壇)の作り方

 自宅の庭に畑や花壇をつくる場合、場所の確保と、畑(花壇)と他の部分との仕切りが必要となります。

場所の確保

 植物を育てるので、「日が当たる場所」「雨が降る場所」が望ましいです。軒先だと、日が当たり時間が限られ、雨が当たらないため水やりが欠かせなくなります。

 さらに、狭い庭だと、

  • 隣家とのブロック塀を畑の一方の仕切りとして利用
  • 畑の中を通過できるよう、仮設の歩道を確保

などの対応が必要になります。

隣家とのブロック塀を仕切りとして活用
畑の中を通過できるよう、仮設の歩道

区画の仕切り

 畑区画と他の区画を仕切るには、土留用にブロックを立てる方法と、ブロックを敷く方法があります。 畑区画には、土を掘ったり堆肥を入れたりするため、土留用ブロックが必要となります。

土留用のブロック
ブロックを敷いた仕切り

土留の作り方

土留する材料

 土留をする材料は、強度がありホームセンター等で容易に入手できるが好ましく、レンガかコンクリ―トブロックが適しています。 場所に応じた形・大きさやデザイン性で選べばよいと思います。

  • レンガ(焼いている)
  • ブロック(コンクリート)

モルタルで接着 vs 置くだけ

 土留するにはブロック同士を繋ぐ必要があり、モルタル等で接着して固定する方法と、置くだけの方法があります。 私は、以下の理由でブロックを置くだけの方法を推奨します。

  • 施工が楽、失敗がない(何度でもやり直せる)
  • 用途や気分に応じてレイアウトを自由に変更できる
  • 辞めたくなったら、簡単に元に戻せる

 レイアウトを何度も変更した例です。 当初は通行性を考慮して畑の面積を狭くしましたが、行き来する頻度が少ないことがわかり、畑の面積を徐々に増やしました。 ブロックを置いているだけなので、状況に応じレイアウトを自由に変更できます。

ブロックの接合箇所の工夫

 ブロックのつなぎ目から、大きな穴が無くても、毎日水やりで土が流出します。 つなぎ目を塞ぐため、牛乳パックの紙や防草シートを使っていますが、イマイチです。 よい材料がないか探し中です。

牛乳パックの紙

 家にある材料でつなぎ目を塞ぐのに便利ですが、耐水性があるとはいえ紙なので、年月とともにヘタって来ました😢

防草シート

 農作業で使うため手軽に使える防草シートの切れ端は、経年変化しないものの、外観が周囲から浮いておりイマイチ🥲

ブロックを置くだけで作った庭の畑(実例)

 我が家は、南側の駐輪場を除く土地を極力畑にしました。 通路部は平板か砂利を敷いて、ブロックで畑と仕切っています。 畑は2区分あり合計3.45m2で、畳2畳分、一坪(3.3m2)相当の面積です。

2.7m2の畑
0.75m2の畑

おわりに

 野菜作りを始めたい方の畑作りの参考になれば幸いです。 畑が出来たら栽培ですが、初心者の方は、本で学ぶかシェア畑で学ぶのがおススメです。 


庭・花壇づくりランキング にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
管理人
坪があ

関東圏在住、50代男性です。 10年前に家を買ってのを契機に野菜ごみのたい肥化し、花や野菜を育てはじめました。 シェア畑を借りて野菜の育て方を勉強中。 目標は、野菜ごみ堆肥を使い坪庭で育ては食材だけで、夕食の一品を作ることです。 土壌医検定3級を勉強中。

坪があをフォローする
坪があをフォローする
生ゴミ堆肥を使う坪庭菜園ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました