〔実録〕支柱一本でキュウリのツル下ろし栽培

坪庭ガーデニング
坪庭ガーデニング栽培記録・実録

 庭の狭い敷地だと、ツルが伸びるキュウリを長く収穫するの難しいですよね。 支柱を一本立でも、工夫すれば収穫期間を長くできます。 具体的には、支柱天辺まで蔓が到達したらツル下ろしして、上へ成長できるスペースを作ってあげる方法です。 私はツル下ろしを4回以上行い、根元には蔓をドクロのように巻き収穫を続けています。 皆さんの家庭菜園の参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

キュウリの栽培概要

 苗を植え、支柱を1本たて、支柱に沿って垂直に伸ばします。 キュウリの蔓が支柱天辺に到達したらツル全体を下し、 ダブつく蔓は根元付近でドグロを巻かせます。  これを繰り返せば、キュウリは無限に成長可能です!

成長記録 

 4月9日に苗を植え順調に育っています。 2か月経過した6月からは、ツルが支柱頂点に到達するたびに、ツル下ろししています。

日付収穫ツル下ろし
4月9日苗植え
5月4本
6月11日2本1回目
  18日2回目
 25日2本3回目
7月17日3本4回目

キュウリの苗

 苗は、「多収穫」「いっぱいなる」がうたい文句の商品名「なるなる」、ホームセンターで購入しました。 4月9日に庭の畑に移植しました。

支柱一本での栽培場所

 自宅の敷地の縁に作った、細長い畑にキュウリの苗を植えて育てています。 場所が狭く支柱を複数本立てづらいこともあり、支柱一本で育てています。

黄色★でキュウリ栽培
花が咲いた状況(5月14日)
キュウリが生っている状況(5月31日)

支柱1本の固定方法

 支柱1本だと安定しませんが、隣家との境界フェンスの間に筋交いを2本入れることで、多少の風ではびくともしません。 筋交いに使う棒は100均で売っており、支柱に嵌るような構造です。 フェンスにはカチッと嵌らないので、園芸用のワイヤーを巻き付けることで、脱落しないようにしています。

ツル下ろしの状況

1回目のツル下ろし(6月11日)

 30cmぐらいツル下ろししました。

ツル下ろし前
ツル下ろし後
ツル下ろし後(根元に蔓をダブつかせ)

2回目のツル下ろし(6月18日)

 1週間たつと、支柱先端より高くツルが成長したので、50cmぐらいツル下ろししました。

ツル下ろし前
ツル下ろし後
ツル下ろし後(根元に蔓をダブつかせ)

3回目のツル下ろし(6月25日)

 2回目と同様50cmぐらいツル下ろししました。 根元に葉が茂った感じになりました。

ツル下ろし前
ツル下ろし後
ツル下ろし後(根元に蔓をダブつかせ)

根元のツルの状態

 何回も蔓をづり下ろすと、ツルが根元でダブついて、根元の葉も枯れてきます。 ここまでくれば、毎回づり下ろしも簡単です。

7月24日_根元でツルのダブつき
7月24日_根元でツルのダブつき

ツル下ろし時の注意点

 大した作業ではありませんが、以下気を付けて作業しています。

  • 1回のツル下ろしでは、最大50cm程度
  • 力が集中しそうな根元付近でツルが折れないように、支柱と蔓を園芸用ワイヤで固定
  • キュウリの実がダンゴムシ等に食べられないよう、実が地面に付かない程度でツル下ろし

垂直仕立て栽培

 ツル下ろしは、「垂直仕立て栽培」の一種として本にまとめられています。 私は、この本を参考に栽培しています。 良かったら読んでみてください。

 

おわりに

 狭い場所で育てれるようになりましたが、実が大きくならず枯れしまうなど、改善したいところもあります。 垂直仕立て栽培を今後極めて良ければと考えています。

ランキングの参加

本ブログ記事を、最後までご覧いただきありがとうございます。

2つのランキングに参加してます!
下のバナーをポチッと応援よろしくお願いします☆

管理人
坪があ

関東圏在住、50代男性です。 10年前に家を買ってのを契機に野菜ごみのたい肥化し、花や野菜を育てはじめました。 今の目標は、野菜ごみ堆肥を使い坪庭で育ては食材だけで、夕食の一品を作ることです。 第二種電気工事士、土壌医検定3級を勉強中。

坪があをフォローする
スポンサーリンク
坪があをフォローする
坪があno『野菜ごみで坪庭ガーデニング』

コメント

タイトルとURLをコピーしました